スポンサーサイト

  • 2017.11.30 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    午前4時33分

    • 2011.03.05 Saturday
    • 04:35
    この時間におきて

    絵描いたり

    本よんだり

    するのが好き。

    学生時代はよくしたな。

    めっちゃ早起き。

    最近は 夜まで体力もつかが不安で

    ねちゃってたんだ。

    雪カフェ

    • 2011.01.03 Monday
    • 23:24
     あーこういう楽しみってあるんだ。

    太陽の暖かさを感じて 誰かとのーんびり時を過ごす。

    気持ちが穏やかになるね。






    たまたまのたまたまで つくった雪カフェは

    「これから、何があっても私たちのペースで進んでいけばいいんだよ」

    って教えてくれた気がする。




    写真クラス忘年会

    • 2010.12.31 Friday
    • 11:12
    卒業してから毎年行っている、写真クラスの忘年会。
    いつの間にか5回目
    1年に1度集まって、近況報告
    今年はハッピーな話を聞けてよかった

    いつもは、即寝さんがでるのに、今年はみんながんばったね
    グダーとした忘年会。

    また1年後。

    心の奥にしまったもの

    • 2010.12.18 Saturday
    • 00:16
    なかったことにしたい

    忘れたことにしたい



    だから 心の奥にしまう。

    頑丈な鍵をたさくんかける。


    でも しまっただけで 結局はそこにあるんだ。




    その 心の奥を 自分で見るのもこわい。

    それを 誰かに伝えるのは もっと こわい。



    でも ちゃんと伝えておかなければ ならない時もあると思ってた。

    それが 大切な人であれば あるだけに。




    はじめてその鍵をあけた。

    自分が自分でどう思うかもわからなかったし、

    それを聞いた相手がどう思うかも不安やった。

      •
      •
      •
      •
      •

    もし ひとりの時に その鍵を開けていたら 今日は笑えなかったやろう。

    きっと ひとりで考えて ぐちゃぐちゃになっていたと思う。




    あったかい心 と あったかい言葉 と あったかい手 があったから

    最後まで話すことができたし

    その後も 笑うことができた。



    やさしいパワーをくれて がっしり支えてくれた。



    ありがとう。


    ほんまにめっちゃありがとう。




    ぽかぽか

    • 2010.12.06 Monday
    • 22:56
     生活感あふれる 机の上。

    ふつうの マグカップ。


    「てきとうに てきとうに」と言いながら 手ぎわよくつくってくれた

    ちょうど一杯の ジンジャーチャイ。


    おいしい。

    そのおいしさが いろいろな思いを ひき連れて 心までしみこんできた。


    泣きそうになっちゃた。



    これからも ずっと 飲みたいな。

    ______

    • 2010.12.04 Saturday
    • 21:59
     「背中を押して」と頼んだら 前からひっぱってくれた。

    一歩進むパワーだけじゃなく 安心もくれたんだ。


    ひとりで行っても きれいな写真は撮れたかもしれない。

    だけど 「いい写真」 は撮れなかったと思うな。


    誰かといても こんなに穏やかな気持ちになれるなんて。

    Jazzのおかげ??

    いいえ。

    あなたといたから 心穏やかになれたんだね。


    「       」

    • 2010.12.01 Wednesday
    • 22:57
     とても 大切 だと思っている人から 2年ぶりにメールが来た。

    「一生」とか「ずっと…」って言葉があるとすれば それを信じることができる相手。


    きっと 何かの事情があるんだろうとは思っていた。

    そして いつかは また 連絡が来ると信じていた。



    私のことを なにもかも知っているかと 思うぐらい

    彼は上手に私の中に戻って来た。


    ずるいよ。

    もう 何年も前に私が送った 写メだよ。

    それが 何を意味してるか わかってしてるんでしょ?

    まだ 持っていたなんて…

    GRP_0229.jpg

    GRP_0254.jpg


    でも なんか うれしかった。



    初めて知り合った時
    あなたとの関係は
    3日で終わると思ってた。
    でも あれから 10年もたったよ。

    お互い 必要としてたんだね。


    おかえり。




    追記
    「絶対会いたくない」って言ってごめんね。






    夜空が好き 第1章

    • 2010.11.17 Wednesday
    • 22:16
    私が幼い頃の お風呂場は 外にありました。
    庭を通って風呂小屋まで歩きます。
    お風呂に入る時は 窓を全開。
    庭の緑の木々と 夜空を見ながら入るお風呂がお気に入りでした。

    夜空を眺めながら いつも空想をしていました。
    この空の中には きっと不思議で素敵な世界があると。
    毎日すこしづつ すこしづつ その世界を創って膨らましていました。
    でも なぜか 自分でも その世界にいつでも行けるわけじゃなかった。

    空が澄んでいる夜。
    もこもこ雲が出ていて その雲の割れ目が現れた時 不思議な世界への扉が開きます。

    その世界の扉を 今でも探してしまう。
    夜空を眺めることが好きです。

    夜空を見上げる 余裕をもちながら 生活しようと思う。




    ひとり語

    • 2010.11.13 Saturday
    • 23:59
    心臓がどくどくしてます。

    この感覚はいつぶりだろうか。

    今のこの思いを 感じる気持ちを忘れたくないから 綴ります。

    独り言です。


    学生時代 たくさんの写真と言葉に ふれた。

    楽しい写真や言葉

    面白い写真や言葉

    つらい写真や言葉

    心を動かされる写真と言葉は無数にあった。

    写真と言葉からたくさんのイメージを感じとれるようになった。

    時々
    胸が ギューとギューと締め付けられるような 写真と言葉がある。

    いいとか悪いとかじゃなく 私にとって衝撃が大きいこと。

    どうしたら それから抜け出せるのか 

    苦しくて 苦しくて その気持ちを落ち着かせれるのか
    そんな事を考える

    でも 抜け出す気は さらさらない

    自分の気持ちが そこまで 揺さぶられるものを 放すなんてもったいない。向かいたいもん!

    だから よけい胸が ギューってなるんやけど。



    今日 そんな写真と言葉に出会った。

    で、胸が ギュー ギュー ってなってます。

    どうするんやろ 私。

    きっと 止まれない。

    今回も進む道を選ぶんやろな。

    *

    こういう事を考えると 止まらなくなる

    どんどん どんどん 考えて

    自分が 今してることに 疑問を感じる

    でも 普通の社会で 普通 として過ごす方法は 
    きっとこれしかない。

    んー。
    このスパイラルに入った時は あの人を頼ってしまう。
    いかんねー。










    ______

    • 2010.11.06 Saturday
    • 21:59
     「背中を押して」と頼んだら 前からひっぱってくれた。

    一歩進むパワーだけじゃなく 安心もくれたんだ。


    ひとりで行っても きれいな写真は撮れたかもしれない。

    だけど 「いい写真」 は撮れなかったと思うな。


    誰かといても こんなに穏やかな気持ちになれるなんて。

    Jazzのおかげ??

    いいえ。

    あなたといたから 心穏やかになれたんだね。


    recent comment

    profile

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM